バイクを高く売る

バイク売る

 

原付売却

原付買取

一番高い査定はどこ!今すぐチェック!

 

バイク売る



バイク売

自分の好きなスタイルでバイク買取りを始める!

 


バイク売る
元買取店を運営していました店長シバです。
買取と言いましてもバイク買取が専門ではなく、
他のジャンルの買取を中心に行っていました。

 

今回バイク買取としてまとめたのですが、
買取ということではバイクもほとんど変わりがないことに気付きました。

 

なぜならば、バイクの買取業者はバイクが好きだからの意味とは違うからです。

 

バイクが好きだから買取店を経営しているわけではなく、
バイクの買取ビジネスで利益をだすために運営しているわけです。

 

しいて言うならば、バイクを鑑定するためのキャリアと、
買取の相場を知っていればほとんど同じです。

 

このような意味から、元買取店長シバの買取ノウハウを生かして、
どうしたら高い買取をすることができるのかをまとめてみました。

 

さて、バイク買取を考えるうえで大切なことは、
皆同じ条件での買取ではないということです。

 

ある人は高く買取をすることができても、
同じやり方、同じバイクであっても買取査定はイコールにはならないからです。

 

同じ価格になるどころか、安く買いたたかれたなんて話もあるくらいです。

 

それでは、どうしてそのようなことになるのかを
考えてみることにしましょう。

 

一般的な違いとは、
売るバイクの種類に違いがあったり、
売る買取業者に違いがあったり、
同じ買取業者であっても査定員が違ったり、
バイクの条件(走行距離、年式、色、改造有)に違いがあったりと、
皆それぞれに違いがあることがわかります。

 

買取業者は、このように皆違う物の査定をするときは、
まったく同じ物を査定するときと違い、
簡単に利益が出しやすいと言っています。

 

その理由は、人と違う内容が相場にどう反映しているのか、
自分のバイクの買取相場さえわからない人が多くいるからです。

 

お客自身が買取相場を知らなければ、
間違いなくカモられるのがこの買取という世界です。

 

しかも、皆と同じものでなく、
それぞれに違いがあるというのであればなおさらです。

 

皆さんはどのようにして自分のバイクの買取相場を知っていますか。

 

せいぜい、バイク雑誌に僅かに記載されるバイク別買取相場情報とか、
購入したバイク屋の買取査定金額をちょっと教えてもらった程度ではないでしょうか。

 

元買取店店長シバはハッキリと断言しますが、
これですと間違いなくバイク買取業者に安く買い叩かれる結果になることが多いと思います。

 

以前ですが、車で大手の買取業者店長と買取について話したことがあります。

 

もし、相手があまり相場に詳しくなくて来店されて、
相場を知らないことで安く買取をされたら誰が悪いのですか、と質問しました。

 

その買取店長は、この業界では知らないことの責任はお客様にあると言いました。

 

それでは、どうしたら高い買取になるために、
自分のバイクの買取相場を知れば良いのでしょうか。

 

これから話す内容にその答えがあります。

 

高い査定がすべて派VS査定より内容重視派

バイク買取業者の高い査定がすべて派
バイク買取業者の多少の査定よりサービス重視派

 

ノーマル派VS改造派

ノーマル派はこちら
改造派はこちら

 

交渉が苦手派VS交渉が得意派

バイク買取業者の交渉が苦手派
バイク買取業者の交渉が得意派

 

地方派VS首都圏派

バイク買取業者での地方派
バイク買取業者での首都圏派

 

最初っからバイク買取業者派VS最初っからオークション、販売店下取り派

バイク買取業者の最初っからバイク買取業者派
バイク買取業者の最初っからオークション、販売店下取り派

 

乗り換え派VS廃車、処分派

バイク買取業者の乗り換え派
バイク買取業者の廃車、処分派

 

多少の手間はOK派VS面倒なことはNG派

バイク買取業者の多少の手間はOK派
バイク買取業者の面倒なことはNG派

 

乗れるだけ乗って買取派VS下取りを考える計画的派

バイク買取業者の乗れるだけ乗って買取派
バイク買取業者の下取りを考える計画的派

 

 

バイク売る

無料一括査定をうまく使うことから始めてみる!

 


どうしたら高い買取になるために、
自分のバイクの買取相場を知れば良いのでしょうか、です。

 

何も買取のことを知らなかった元買取店店長シバは、
バイク買取、車買取でも大失敗の連続を繰り返していました。

 

だって、何も知らないのですから、
買取で失敗するのは当たり前ではないでしょうか。

 

買取で成功する第一歩となった出来事は、
複数の買取店の査定価格を比較するために努力したことでした。

 

この方法ですと、たとえ個別に違うバイクであっても、
違うことで安い買取りになることはありません。

 

と考えて、早速、複数の買取で比較検討する行動に出たのですが、
最初には考えていなかったトラブルが発生しました。

 

どんなトラブルかと言いますと、
複数の買取店で査定を繰り返せば、
買取店に相場を調べに来ていることが気づかれてしまいます。

 

すると、同業者が相場を調べに来たと判断されたり、
意地悪をされて本当の査定金額がを教えてもらえないこともあったからです。

 

そこで、出会った方法が「一括無料バイク買取業者査定」でした。

 

この方法ですと、複数のバイク買取業者に同時に査定見積もりをすることができますので、
意地悪な目にも遭いませんし、見積もりを取る手間も大きく減らすこともできます。

 

バイク売る

 

次に、「あなたは何派!自分の好きなところからやってみるのがコツだよ」では、
バイクの買取を自分の都合に合わせて選べるようにしてみました。

 

その理由は、買取業者にも得手不得手があるからです。

 

うちにお店は国産バイクの買取りに強いよ、
うちのお店は外国バイクの買取に強いよ、
といったことがあるからです。

 

できれば自分のバイクタイプに合った買取店を選ぶことで、
少しでも買取価格の提示が有利になるように考えました。

 

A業者での買取が20万円でしたが、
B業者の買取だと30万円なんて驚くような話も聞いたことがあります。

 

 

バイクの買取方法には、
いくつかの種類があることも知っておきましょう。

 

バイク買取業者」「バイク販売店」、
バイクオークション」「友人に売却」、
などが一般的に知られているバイク売却方法です。

 

バイクは車と違い、新車から数年乗っただけで、
買取価格が多く変動する乗り物です。

 

相場は相場ですので、
上手にバイクを売るためのことも考えてみました。

 

人気バイク、年式、走行距離、
人気の改造パーツ、新型が発表される時期、
など多くの条件を考えることが大切です。

 

バイク売却

買取業者、販売店、オークション、友人に売るを比較する!


買取価格の高さ 手続きの簡単さ 手間の少なさ トラブル有無
バイク買取業者
バイク販売店
バイク

オークション

× × ×

 

一般的な買取方法を検証してみました。

 

その結果ですが、

 

・購入したバイク販売店に売る

 

購入したバイク販売店に売却の相談をするとどうなるのでしょうか。

 

必ずと言って良いくらい、新しいバイクの抱き合わせ購入を勧められます。

 

バイク屋のおやじはお客が他の買取業者でも査定見積もりをしてもらっていることを薄々わかっていますので、
新しいバイクを購入するという条件で、
ほかより少し高い買取査定をすることが一般的なようです。

 

このときバイク屋のおやじの頭の中では計算機が高速回転で動きます。

 

つまり、古いバイクを少し高く下取りをしても、新しいバイクを購入してもらえれば、
十分以上の利益を出せるからです。

 

新しいバイクを買ってもらう儲け、さらには、新しいバイクに必要な、
今後のメンテナンス費用で利益を出すことができるからです。

 

ほとんどの方が、この複雑な儲けのカラクリに対して何も考えることをしないで、
目先に提示された買取価格で納得させられているようです。

 

以前管理人シバが乗っていたバイクの販売店では、
他より高い買取査定と、他より高い新車販売価格を提示してきました。

 

つい、メリットが大きいと判断して即決で決めてしまったのですが、
あとになって大失敗だということを思い知らされました。

 

購入したあとのメンテナンスの費用が他のお店より2倍〜5倍も高かったからです。

 

どうして、このことに気がついたのかと言いますと、
まったく同じバイクを同時期に別の販売で購入した友人がいたからです。

 

その修理はキムコスーナー110のリアバルブ交換だけでした。

 

もしホームセンターなどのバイクコーナーにあれば、
300円前後くらいで購入できるパーツです。

 

友人は、自宅近くのバイク屋で600円を支払って修理をしたのですが、
時期同じくしてこちらも同じ修理に出したところ、
5000円以上の請求書となりました。

 

あまりにも修理金額に違いがあることでクレームをつけると、
バイク販売店は台湾製キムコの構造は手間がかかるので、
簡単な修理でも修理代金が高くなると口だけの説明をしてきました。

 

バイク販売店で古いバイクを売り、新しいバイクを購入するときは、
このようなこともあるということを常に頭にいれておきましょう。

 

・バイクオークションに売る

 

バイクオークションで売ることを考えれば、
他の方法より高くなるのではないかと思う人が多いようです。

 

インターネットを使ってバイクを売るなんて、
以前はとても考えることができませんでしたが、
今は普通にオークションを使っている人が増えていますので、
バイクも同じように高く売れるのではないかと思ってしまいます。

 

その前に言っておきたいのですが、
管理人シバはヤフーオークションで3000を超える評価を持っています。

 

ここで管理人シバの質問ですが、
あなたはオークションに出品されているバイクを本当に
購入するリストに加えますか?です。

 

多少バイクのメカに自信があったり、
トラブルがあっても自分でなんとかできてしまうレベルの方でしたら何も言うことはありません。

 

バイク初心者の方が、売ったり買ったりするには、
バイクのオークションではまだ早いと感じます。

 

元買取店店長シバでしたら、
オークションに出品して売ることは間違いなくありません。

 

・友人に売却する

 

友人に売却する方法です。

 

友人に売却はとても簡単そうに思うのですが、
書類などの手続きも自分でやらなければなりませんし、
後でのバイクトラブルにも責任をとらなければならないことがあります。

 

さらには、友人にバイクを売るわけですので、
友達価格と言いますか、けして高く売ることができない場合がほとんどのようです。

 

・バイク買取専門業者に売る

 

表からわかるようにバイク買取専門業者に売る方法では、
すべての項目が○になりました。

 

買取価格の高さ、手続きの面倒、手間のなさ、トラブルの安心、
の項目のすべてでした。

 

バイクを売るときには、くだらない理由で失敗しないように
シンプルに考えることが大切です。

 

何が自分に必要で何が自分に必要ないのかを、
人任せにしないで自分の頭で考えることが大切と心から思いました。

 

バイクランド

元買取店店長シバオススメのバイク買取業者ランキング

 



高いバイク買取ができるように色々と話してきたのですが、
元買取店店長シバの買取経験から、
オススメと思った買取業者のランキングをしてみました。

 

ここでランキングとした理由は、
今まで何度も失敗してきた店長シバの体験から、
最低限選ぶに必要なことを満たしている業者ランキングとしてみたことです。

 

ランキングが高い業者は、より安心して高い買取をしてもらえるわけですが、
それであっても相手任せにしないで自分ですべてを決めることが大切となります。

 

バイク売却

バイクを売った皆さんの口コミ!

 


 

有利にバイクを売るとは
29才 山梨県 男性 会社員

 

今までバイク買取をするときはあまり深く考えたことはありませんでした。

 

ですが、多くの人の話を聞いてみると、
ちゃんと買取の仕方を考えたときと考えないときでは、
買取価格にかなりの差が出ることを聞きました。

 

複数のバイクを売ったことがありますので、
トータルにするとかなりの損をしていることが分かりました。

 

私の住まいが山梨ですので、当然と言っていいくらい
山を走ることも多くなります。

 

特に、私は大菩薩峠を走ることが多いのですが、
急こう配ゆえにバイクにもかなりの負担をかけてしまいます。

 

そのような使い方を知っている地元の買取店ですと、
中古として売るときはとても安くなることが一般的でしたが、
全国から買取をする買取業者ですと、
このような場所に住んでいてもそんなに不利になることはありませんでした。

 

まさに知ってよかった一括業者見積もりでした。

新しいバイクの購入資金のために
23才 東京都杉並区 男性

 

一括バイク業者見積もりのことは知っていました。

 

以前から知ってはいたのですが、パソコンから見積もりを取るのも面倒で、
今まで利用することはありませんでした。

 

今回、新しいバイクに入れ替えるのに購入資金が必要となり、
多少でも古いバイクの買取が高くなればと思い、
この一括バイク業者見積もりを使うことにしてみました。

 

初めての利用でしたが、
入力に手間取ることもなく、かなり簡単に見積もりを依頼することができました。

 

そのあと、複数の業者から見積もり提示をされたのですが、
大まかな買取見積もり金額でしたが、
その中で良さそうな2業者と買取交渉を経て
無事希望の金額で売却することができました。

 

マジにめんどうなことは嫌いな私ですが、こんな私にもできたということです。

 

女性でも安心でした
26才 東京都墨田区 女性

 

女性がバイク買取ですと、ちょっと無理っていう感じがありました。

 

今回は、私の友人に勧められてのトライです。

 

実際は、パソコンからでしたので女性でも相手に気を使うことなく、
一括業者見積もりを利用することができました。

 

そのあと、対面での業者との買取交渉になったのですが、
私の友人が付き合ってくれて、なんのトラブルもなく買取をすることができました。

 

女性だとわかるとわりと軽く見られたり、
安い買取を提示されることが多いそうですがこれならば安心でした。

 

悩みに悩んだ結論です
29才 富山県滑川 男性

 

バイク買取業者のほかに、購入したバイク販売店でも査定をしてもいました。

 

バイク販売店での買取査定もなかなか高額でしたが、
買取と新車購入、そしてメンテナンスでの利益の話を聞いていましたので、
最後まで買取はどちらの方法にするのか悩みました。

 

結局、バイク買取業者で買取をしてもらうことになりました。

 

その理由は、
中古と新車の抱き合わせとか、
訳のわからないことでいつまでも悩みたくなかったからです。

 

僕はいつも合理的に考えることを口癖にしています。

 

今回のバイク買取業者でも、
売るときはあれこれ悩まないようにシンプルだけを考えたかった理由からです。

 

だって、バイクを売ることだけに集中すればよいからです。

 

これを皆さんが読んでいることは、
新しいバイクに乗ってツーリングに行っていると思います。

 

今年は、時間を取って京都から大阪、四国まで行く予定を立てています。

 

業者ってどんだけ根性があるのよ
29才 東京都足立区 男性

 

今までバイクをただで友人に譲っることが多かったけど、
今回は新車の金額が高いからバイク買取業者に頼むことにしたんだよ。

 

それで、複数のバイク買取業者と競合、交渉をしたのだけれど、
どこも希望の価格ならない理由から取引を断ったんだよ。

 

俺は、今回はわざわざ来ていただいて申し訳ありません、
希望金額にならないので買取を断ります、とキッパリと丁寧に言ったんだ。

 

そのあとが面白いんだけど、
相手が言うには「買取りができるまで帰りません」だって。

 

だから、どうぞご勝手にしてください、と言ったわけよ。

 

それを言う前に、「納得できる金額を提示することのほうが先じゃない」
って思ったんだけど、
そこは押さえて、どんだけ根性があるのかと見ていたらおおよそ1時間ほど頑張って、
そのあとにああだこうだと屁理屈を言うんだよ。

 

すべて自分のことばかりなんだよ。

 

時間をかけて来ているとか、ここまでのガソリン代がかかっているとか、
上司に怒られるとか、今月は成績がでなくで困っているとか、などなど。

 

これって全部自分の都合の言いわけで、
相手のことは全然ないじゃない、って思ったよ。

 

すべてがこのような業者ばかりではないことを知っているので、
今日は悪い相手に出会ってしまったって感じだと思う。

 

うざいので相手にしないでいたら、
最後は捨て台詞を残して帰っていったよ。

 

最近、バイクとか車、貴金属なんかで同じように自宅まで出張してきて、
買取りをする業者が多いけど、ほんとうに皆大丈夫なの。

 

ある意味、こっちも依頼した責任はあるけど、
だからといって相手に強要されることはないし。

 

仕事の関係で買取りのことを少し知っているから言えるんだけど、
新聞チラシ広告、ネット、テレビ広告とかで踊らされないで
もう少し学んだり、自分の頭で考えてから買取をして欲しい。

 

だって、知り合いの車買取業者の店長が言っていたけど、
相手の口車に乗って安くなったりしても、
この業界では騙されたお客が悪いと、キッパリと言っていたよ。

 

だから、相手に言い負かされないくらい、
買取のことをもっと勉強することが大事だよね。

 

自分は自分でしか守れないんだよ。

相手の言うことに納得した瞬間にやられるわけよ。

 

だって、相手は自分の成績のこと、
自分のメリットのことしか考えていないのだから当たり前だよ。

 

相手のメリットにどれだけ自分が言いたいことを食い込めるのか、
その答えがすべての結果となるわけよ。

 

いつまでも自分だけは騙されない、
自分だけうまくいくなんて言うのは幻想でしかないと思う。

 

だから、バイク業者のどんなに偉い買取査定員様が来ても、
強要されかかってもけして納得する必要は無く、しっかりと言いたいことは言い、
納得できないことは納得できないと言える勇気が大切なんだよ。

 

バイク業者との競合だってこちらの自由意思なんだから、
まったく相手に気を使う必要はないんだよ。

 

一括業者見積もりを利用するのは間違っていないので、
あとは使う人の問題なのかもしれない。

 

更新履歴