バイク形とスクーター形のバイクを売却する時の違い

バイク形とスクーター形のバイクを売却する時の違い

バイク 買取

 

原付売るためには、手続きをする必要があります。

 

原付売る時の手続きの中には、必要な書類があります。この書類を事前に準備しておきましょう。

 

通常どのような車種のバイクでも、印鑑が必要になります。その他にも、身分証明書が必要になります。

 

身分証明書は運転免許証や保険証、バイクのいずれかがあれば問題ありません。

 

住基カードがある方は、住基カードでも構いませんが、写真の入っているものでないと身分証明書として使えないので注意しましょう。

 

他にバイクの排気量別に必要な書類が変わります。

 

まずスクーターに乗っている人がバイクの売却をすることもあるはずです。スクーターですが、たいていの車種が50cc程度の排気量になっているのではないでしょうか?

 

この場合には、標識交付証明書というものが発行されているはずです。この標識交付証明書を売却時に用意する必要があります。

 

また125ccを超えて250cc以下のバイクを売却する場合には、軽自動車届出済証があると思います。こちらを売却する時に持参しましょう。

 

250ccを超えるようなバイクを売却する場合には、車検証が必要になりますので、準備しておきましょう。

 

またバイクを実際に業者に引き渡す時までには、自賠責保険証も必要になりますので準備しておきましょう。

 

またもしバイクをカスタマイズしていて、もともとのノーマルパーツを保管しているのであれば、引き渡しの時までにこのノーマルパーツも業者に渡す必要があります。

 

原付売却

原付買取

大切に乗ったバイク、今いくら?


 

トップへ戻る