廃車(処分)について

バイク廃車 処分

 

バイクを売る場合ですが、買取りとならず最初っから廃車、処分と思っている方もいるいのではないでしょうか。

 

この場合ですが、お金を貰うといいますより逆に処分手数料を払わなければならないこともあると思います。

 

このようなときのために、少しだけ廃車(処分)になった場合の費用を知っておくと少しでも無駄な出費を減らすことができます。
試しに、大手バイク買取業者に直接廃車になった場合の費用を確認をしてみたのですが、処分手数料は、排気量に関係なくバイクの状態によって5000円〜10000円の出費が必要になるそうです。

 

「〜から」の意味はやや不明もあるのですが、たぶん私が考えるに「バイクの状態」とは多少「部品取り」ができるかどうか、もしくは、「修理をすることで再販ができる」かを言っているのではないかと思います。

 

大手バイク買取業者の廃車(処分)になる場合の対象項目をあげてみました。。

 

廃車(処分) その1 年式やモデルが商品として流通できないもの
廃車(処分) その2 動力装置に大きな損傷がある場合
廃車(処分) その3 基本機関に重大な損傷がある場合
廃車(処分) その4 主要部品に欠品などがある場合
廃車(処分) その5 駆動部分に重大な損傷がある場合
(バイク王 買取業者参考)

 

バイク売る チェック

 

私も仕事が買取りをしていますので買取り側からのアドバイスとしましては、

 

1、の事項ですと、「年式」、「古いモデル」のフレーズは格好の査定を下げるためのトークになると思います。

 

これの対策は多少手間がかかっても複数のバイク買取業者で見積もりを取るしかないと思います。

 

2、3、4、5、はどれも同じような意味となるのですが、最近ではニコイチ(別々の2個を1個とすること)もありますので、修理工場を抱える大手バイク買取業者でしたらなんでもできると思います。

 

これの対策でも複数のバイク買取業者で見積もりをとるか、廃車(処分)専門の業者で見積もりを取るのでも良いかもしれません。

 

東京江戸川区 鈴木さん

 

以前ですが、バイク買取業者の査定を受けたのですが廃車と言われて手数料として15000円を請求されました。どうも納得がいかずその場で廃車するのを止めたのですが、そのあと近くの廃車専門の買取店へ持っていったら逆に2000円を貰えました。次のバイク資金にします♪

 

3つのバイク買取方法のまとめ

廃車(処分)について

トップへ戻る